MEO対策とは?

検索結果を独占するGoogleMAPの、上位3位以内に店舗情報を掲載するサービス。

デジタルの力を、 中小企業のすべての人へ

MEO対策とは

「地名+検索キーワード」を合わせて「ニーズキーワード」で通常検索すると「特定の地域(ローカル)の情報」が、検索結果の上位に「GoogleMap専用エリア」が表示されます。

これらの対策をすることや検索結果についてを『ローカルSEO(ローカル検索)』と呼びます。

ポータルサイトや競合サイトと比較して、たとえ「SEO」で負けていても、MEOなら競合性が低く、比較的低予算でWEB集客を実現できます。

当社のMEOサービスは、「GoogleMap専用エリア(1位~3位)」に表示される対策のことをいいます。

現在Googleの新仕様「ヴェニスアップデート」により、スマートフォンやタブレットを中心に接続時のIPアドレスから、Googleが自動的に位置情報を検知し、近所(周辺)の情報に適した検索結果をGoogleが行うようになりました。

 

このような感じで、最大3つ表示されます。ここに表示されることで企業をたくさんのユーザーに見てもらうことができるので上位表示したら問い合わせやサイトへのアクセス数は自ずと増えてくるはずです。

また相乗効果として、「Googleがおすすめしている感」が出ます。(実際は違いますが、ユーザーが「実績や人気が凄いんだろうな」と勘違いする可能性が高いです。)

もしホームページでうまくいかない・費用対効果が合わないということで悩んでいる方はMEOを検討してみるのも良いかもしれません。

なぜMEOが集客できるか?
利用ユーザーのデバイスの動向

スマホ利用者の増加

スマートフォン利用者数の増加に伴いGoogle Mapsの利用ユーザーが急増していることから企業情報の上位表示は重要視されてます。

 

なぜMEOが集客できるか?
利用ユーザーの動向

Googleは検索エンジンのシェアで7割弱を占め、Googleマップにおいては実に9割近くのユーザーが利用したことがあるという結果が出ています。Googleマップを利用したユーザーのうち、8割弱が企業に電話をしたり訪問したりするアクションを起こしており、その利便性の高さが伺えます。

なぜMEOが集客できるか?
利便性の高いサービス

Googleマップにはユーザーをお店に容易に誘導する仕組みがあります。

  1. ユーザーが「場所」+「目的」のキーワードで検索を行うと、検索結果に企業一覧が表示されます。
  2. 検索結果の企業をタップすると、店舗の情報と共に電話や経路、ホームページなどのボタンが表示されます。
  3. ユーザーはそのまま目的の企業に直接電話をかけたり、企業までの経路を表示させて実際に向かうことができます。

MEO対策のメリット

目的が明確な検索ユーザーに対して来客までの導線づくり が実現し集客数増加が見込めます。

見込み客に的確にアプローチ 「エリア名 業態・業種・サービス」など、目的が定まっているキーワードに対して対策できます。

店舗の認知度の向上・ブランディング

数多くの方々の目に触れる機会が増えるため、露出が増加します。

新規来客数の増加

GoogleMap枠から直感的に「訪問・電話・経路検索」の操作が可能です。

✓ 上位表示されるまで最短1週間! 

✓ 成果報酬プランもあるため安心!

✓ GooglePPC広告枠(PC右側部)の削除に伴い が「マップ専用枠」の閲覧数、クリック率が上昇中! 

 
成果報酬プラン
1200円/日(税抜き)
4キーワード対応
初期費用無料
Googleマイビジネス登録サポート
お知らせ配信・投稿サポート
無料ランディングページ作成
契約期間6ヶ月
定額プラン(スタンダード)
30,000円/月(税抜き)
4キーワード対応
初期費用無料
Googleマイビジネス登録サポート
お知らせ配信・投稿サポート
無料ランディングページ作成
契約期間6ヶ月
定額プラン(プレミアムプラン)
29,000円/月(税抜き)
4キーワード対応
初期費用無料
Googleマイビジネス登録サポート
お知らせ配信・投稿サポート
無料ランディングページ作成
契約期間12ヶ月